結婚式の費用を抑えられる日取りはいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日取り

結婚式の費用は、とても高額。

しかし、結婚式を行う日取りを考慮することで、費用を大幅に削減することも可能なんです!

今回は、結婚式の費用を抑えられる日取りのポイントについて、お話していきます。

 

結婚式の費用を抑えられる日取り

平日を選ぶ

平日は、結婚式を行う方があまりいないので、節約できる日取り。

ゲストにサービス業の方が多い場合には、平日を選ぶことも一つの方法です。

土日や祝日に結婚式を行うよりも、かなり費用を抑えられます。

 

金曜日を選ぶ

「平日は、ゲストの都合がつかなそう…」という場合におすすめなのが、金曜日の夕方から夜にかけて行うナイトウェディング。

金曜日であれば翌日が土曜日なので、ゲストも気兼ねなく出席できます。

この場合も、土日より費用を抑えられることが多いです。

 

土曜日の午前または日曜日の午後を選ぶ

土曜日の午前と日曜日の午後は、少し費用を抑えられる日取り。

というのも、遠方のゲストが多い場合には、土曜日の午後や日曜日の午前を選ぶ方が多いのです。

ただし、日曜日午後から結婚式を行う場合には、「翌日の仕事が大変そう…」と感じるゲストの方も。

ゲストの気持ちを考慮して、選んでくださいね。

 

仏滅を選ぶ

昔は、結婚式は大安に行うというのが、メジャーでした。

今でも大安は人気の日取りで、仏滅は不人気の日取り。

ただ、最近では六輝を意識しない方も多くなっています。

もし気にしないのであれば、仏滅や赤口などを選ぶことで費用を抑えられます。

とは言っても、ご年配の方は、まだ六輝を気にする人が多いのも事実。

両家の親御さんとも、よく相談する必要があるでしょう。

 

早期に決めることで割引がある結婚式場も!

結婚式場のなかには、1年前など早期に予約をすることで費用が割引できるところもあります。

結婚式場によって割引やキャンペーンはさまざまなので、気になる式場がある場合にはブライダルフェアに訪れてみましょう。

こちらのサイト(結婚式場のブライダルフェア情報サイト)には、たくさんの式場情報が掲載されています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

イベントがある日は避けたほうがいい!?

クリスマスやバレンタインなど、特別な日に結婚式をしたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、イベントがある日は、ゲストも何かしらの予定があります。

ゲストの都合を考えるのであれば、イベントの日は避けたほうがいいでしょう。

また、旅行や帰省などの予定が多い、お正月・お盆・GWなども避けるのが無難です。

 

まとめ

結婚式といえば、土日・祝日というイメージをお持ちの方が多いですが、現代では働き方もさまざま。

仕事やゲストの都合で、平日を選ぶ方も少なくありません。

日取りは、結婚式にかかる費用を節約できる大きなポイント。

おふたりとゲストの都合を考慮しながら、日取りを決定しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。