結婚式の写真代・ムービー代の費用をを抑えるコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真

結婚式にはさまざまオプションがありますが、盲点となりやすいのが写真撮影代やムービー撮影代。

「一生に一度の大事な場面だから、プロに頼むのが当然じゃないの?」と考えている方も多いでしょう。

実は、写真代やムービー代は、大きな節約ポイント。

今回は、結婚式の写真代やムービー代を抑えるコツについて、ご紹介していきましょう。

 

結婚式の写真代・ムービー代を抑えるコツ

前撮りをしない

多くののカップルが行っている「前撮り」。

事前に衣装を着て、写真撮影を行います。

思い出になる前撮りですが、無理に撮影する必要はありません。

「結婚式当日の撮影だけで十分!」と考えるのであれば、前撮りをしないことも一つの方法です。

 

スナップ撮影のみ依頼する

結婚式でのスナップ撮影の相場は、5~7万円程度。

アルバムなどにしてもらうことはできませんが、「スナップ撮影だけで十分!」と考える方も多いようです。

前撮りや親族写真などあらたまった撮影をしない分、費用を抑えられますよ。

 

外部のカメラマンに依頼する

結婚式場に依頼すると撮影費用が高くなる場合には、外部のカメラマンに依頼するのもアリ。

信頼できるカメラマンであれば、安心してお任せできますね。

しかし、式場によっては

  • 外部のカメラマンの入場はNG
  • 別途費用がかかる

というケースも。

外部のカメラマンを呼んでいいかどうかは、事前に式場に問い合わせましょう。

 

友人に撮影を依頼する

カメラの知識がある友人がいれば、ムービーや写真の撮影を依頼することも一つの方法。

一番の節約方法ですね。

 

友人に写真撮影を依頼する場合の注意点

最も費用が節約できる、「友人に写真撮影を依頼する」という方法。

しかし、友人に依頼する場合には、いくつかの注意点があります。

注意点をしっかりと押さえておきましょう。

 

お礼は必須

友人や知人に撮影を依頼する場合、お礼は必須。

カメラマンとして出席する場合は、ほとんど料理やお酒を楽しめなくなってしまいます。

ご祝儀は遠慮し、別途お礼を渡すようにしましょう。

1~3万円の謝礼が相場です。

 

クレームを伝えにくい

プロではない友人・知人に撮影を依頼した場合、プライベートな間柄であるからこそクレームを伝えにくいです。

また、理想の写真・ムービーが出来上がるとも限りません。

プロに依頼するよりも、リスクが大きいことを覚えておきましょう。

 

まとめ

以上、結婚式の写真代やムービー代を抑えるコツについて、お話してきました。

結婚式の写真やムービーは、一生の思い出になるもの。

ですが、不要であると感じる部分は省いてOK。

おふたりで相談したうえで、節約できる部分は節約してみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。