結婚式のウェディングケーキ~料金を節約する方法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェディングケーキ

ケーキカットに使用するウェディングケーキ。

実は、意外と費用が膨らみやすいアイテム。

ゲスト1人あたりで、1,000円程度の費用がかかります。

もしゲストが70名の披露宴であれば、予算は7万円ということに。

かなり大きな金額となりますよね。

では、このウェディングケーキの費用を節約することはできるのでしょうか?

 

ウェディングケーキの費用の節約ポイント

ウェディングケーキの費用を節約するための方法は、いくつかあります。

こちらでは、それらについてご紹介していきましょう。

 

イミテーションケーキを依頼する

さきほど、ウェディングケーキは、ゲスト1人あたり1,000円程度の費用がかかることをお伝えしました。

これは本物のケーキの場合の相場。

ゲストに振舞う場合は本物のケーキである必要がありますが、ケーキカットに使用するだけであればイミテーションでも十分です。

イミテーションケーキの相場は、3万円ほど。

本物のケーキを用意するより、かなり費用を抑えられますよ。

また、イミテーションケーキは高さがあるものが多いので、見栄えもバツグン。

華やかな演出となるでしょう。

 

シンプルなケーキにする

本物のケーキは、デコレーションにこだわる分だけ費用が大きくなりやすいです。

裏を返せば、シンプルなケーキすることで、費用を抑えることが可能なんです。

近年では派手な結婚式も少なくなっており、シンプルなケーキにしても「ケチっている…」とは思われません。

反対に、「シンプルで素敵なケーキ!」と感じてくださることも。

会場の雰囲気や衣装に合わせて、ケーキのデコレーションを工夫してみましょう。

 

ウェディングケーキを持ち込む

ウェディングケーキは、外部のお店に依頼することで費用を抑えられる可能性があります。

好きなケーキショップなどがあれば、依頼してみるのもよいでしょう。

ただし、式場によっては「持ち込みNG」だったり、「持ち込み料金」がかかる場合もあります。

式場には、事前にしっかりと確認しておいてくださいね。

 

大きなケーキにこだわらないのもアリ!

ウェディングケーキといえば、大きなケーキを想像する方が多いですよね。

しかし、結婚式のスタイルはさまざま。

必ずしも、大きなケーキにこだわる必要はないのです。

続いては、大きなケーキ以外のものを用意して節約する方法をご紹介していきましょう。

 

ビュッフェタワーをつくる

段のある台を利用して、ケーキビュッフェタワーをつくることも一つの方法です。

一番上に普通サイズのケーキを置き、その下に小さなケーキをたくさん設置します。

ケーキカットをする際に切るのは、上の普通サイズのケーキのみ。

台の下部分にあるケーキは、ビュッフェとして使用できます。

これならば、大きなケーキを用意する必要もありません。

色鮮やかなケーキが並ぶので、見た目も華やかですよ。

 

太巻きにする

切るのはケーキでなくてもOK。

近年では、「太巻きをカットする」という演出を行う方もいらっしゃるんですよ。

ケーキはデコレーションが多い分高額になりがちですが、太巻きであれば費用を抑えられるでしょう。

 

まとめ

以上、ウェディングケーキの費用を節約する方法について、ご紹介してきました。

意外とお金がかかるウェディングケーキは、このように工夫次第で節約が可能!

プランナーさんと相談しながら、おふたりらしいケーキを用意してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。