結婚式の引き出物を節約することは可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引き出物

 

結婚式に出席してくださったゲストにお渡しする「引き出物」。

ゲストの人数が多くなるにつれ、費用も多額になります。

では、結婚式の引き出物にかかる費用を節約することは可能なのでしょうか?

費用を節約できるポイントについて、お話していきましょう。

 

そもそも結婚式の引き出物を節約するのはアリ?

引き出物は、結婚式に出席してくださったゲストへ、感謝の気持ちを込めてお渡しするもの。

「そんな引き出物を、そもそも節約していいものなの?」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。

結論からお伝えすると、品物自体を節約するのはあまりよくありません。

お渡しする品をケチってしまうと、どうしてもチープな印象になってしまいます。

また、あまりにも安価な引き出物をお渡しするのは、失礼になってしまいます。

ちなみに、引き出物の相場は、

  • 親族や上司の場合 ⇒ 5,000~7,000円
  • 友人の場合 ⇒ 4,000~5,000円

といったところです。

この相場を目安として、どんな引き出物を選ぶか考えていきましょう。

 

結婚式の引き出物の節約ポイント

しかし、品物に直接関係しない部分で節約するのは、まったく問題ありません。

そこで、結婚式の引き出物の費用を節約するポイントをご紹介していきましょう。

 

外部に発注して節約

結婚式場に引き出物の手配を依頼する方も多いですよね。

しかし、結婚式場に頼んだ場合には、手数料などが品物代にプラスして含まれることになります。

ですから、同じ品物であっても、費用が大きくなりやすいのです。

そのため、外部に発注したり自分で直接引き出物を購入することで、費用を抑えられる可能性があります。

ただし、外部に発注した場合には、結婚式場に保管料や持ち込み料を支払わなければならないケースもあるので注意が必要。

事前に結婚式場へ確認するとともに、どちらが費用を節約できるのか計算してみてくださいね。

 

ペーパーバッグで節約

引き出物を入れるペーパーバッグ。

計算式場に頼むと、高価なバックが用意されることが多いです。

ペーパーバッグの単価が高い場合には、自分でペーパーバッグを用意することを検討してみましょう。

そうは言っても、ペーパーバッグの質は、それなりに重要。

あまりにも低価格なものだと、チープな印象になりやすいです。

できるだけ、高品質のペーパーバッグを用意しましょう。

 

直接配送で節約

品物によっては、直接ゲストの家に配送することで、費用を節約できる可能性があります。

特に重い引き出物は、ゲストが持ち帰るのも大変。

引き出物を購入するお店で、配送したときの料金を確認してみるといいでしょう。

 

まとめ

以上、結婚式の引き出物の費用を節約するポイントをご紹介しました。

品物自体をケチるのはNGですが、そのほかの部分であれば節約が可能!

ご紹介したポイントを踏まえて、節約できる部分がないか考えてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。