結婚式の衣装の費用は抑えられる?節約方法をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衣装

何かと費用が膨らみがちな、結婚式の衣装。

「こだわればこだわるほど、高くなっていく…」とお悩みの方も多いでしょう。

今回は、結婚式の費用を抑えるためのポイントについて、お話していきます。

 

結婚式の衣装の費用を抑えるためのポイント

プラン内の衣装を選ぶ

結婚式のプランには、衣装代が含まれていることも多いです。

プラン内の衣装を選べば、衣装に別途費用がかかることはありません。

ただし、プラン内の衣装は限られていることも多く、お色直しの衣装は別料金というケースがほとんど。

  • 1着目の衣装は「プラン内」
  • 2着目の衣装は「低価格のもの」

など工夫する必要があります。

 

外部で衣装をレンタルする

式場の提携ドレスショップではなく、外部で衣装をレンタルすることも一つの手段。

なかには、格安でドレスや白無垢、色打掛をレンタルしているショップもあります。

ただし、式場によっては、持ち込み料金がかかることも。

持ち込み料金の値段によっては、提携ドレスショップでレンタルしたほうが費用を抑えらる可能性もあります。

式場への持ち込み料金がどのくらいかかるのか、確認しておきましょう。

 

お色直しを工夫する

「1着目はプラン内で収めたけど、お色直しはどうしよう…」と考えている方も多いでしょう。

ただ、お色直しは、必ずしもドレスやタキシードである必要はありません!

例えば、自衛隊の方などは、制服にお色直しすることも。

3回以上のお色直しを考えている方は、自分で衣装を用意できないか工夫してみましょう。

 

中古でドレスを購入する

ネットなどでは、中古のドレスが販売されています。

「結婚式のみ使用」というきれいな状態のものも多いので、購入してみるのも一つの方法。

ただし、ネットで購入する場合には、試着ができないというデメリットがあります。

サイズをよく検討してから、購入するようにしましょう。

また、ドレスショップに問い合わせて、中古のドレスを販売していないか確認してみるのもアリですよ。

 

自分でつくる

これはできる人が限られてしまいますが、自分でつくれば費用を大幅に削減できます。

裁縫が得意であったり服飾の学校に通っていた方であれば、自分でつくることも不可能ではありません。

材料費と手間はかかるものの、究極の節約方法といえるでしょう。

 

後悔のない衣装選びを!

以上、結婚式の衣装の費用を節約するポイントについてご紹介してきました。

ですが、いくら費用を抑えらえたとしても、それで後悔してしまっては意味がありません。

衣装代を節約する場合は、必ず納得できるものを選びましょう。

費用を抑えながら、ステキな衣装選びをしてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。